季刊 公務員関係判例研究(第161号)
2013年冬季号
内 容
本誌は、総務庁人事局(現総務省人事・恩給局)を中心に構成される公務員関係判例研究会の監修により、公務員労働を巡る諸問題の中から1年で完結のテーマを設け、事項別に分類整理した上、一問一答形式で解説する実務研究誌である。その他、主要判例の解説や研究会での講演内容を適宜掲載。「公務員関係判決速報」の姉妹誌。

監編者名 公務員関係判例研究会 編著
判型・頁数 B5判・34頁
定価 1,830円送料込
発行日 平成25年12月25日
ジャンル 雑誌(季刊誌)
在庫状況
備考


←戻る バスケットの中を見る→

目   次
〇国家公務員の勤務関係を巡る諸問題について
法務省大臣官房行政訟務課 課付検事 川 村 政 史

《新 公務員労働の実務問答》


「ハラスメントをめぐる問題シリーズ 4」
○パワー・ハラスメント:被害職員に対する反応
弁護士 木 下 潮 音

「ハラスメントをめぐる問題シリーズ 5」
○懲戒処分以外の事後措置の在り方
弁護士 大 田 黒 昔 生

「ハラスメントをめぐる問題シリーズ 6」
○同僚や部下からのパワー・ハラスメント
弁護士 植 木 智 恵 子

公務員関係判例日誌(平成25年7月1日〜平成25年9月30日)