民法(債権法)改正の概要と要件事実
内 容
徹底して「実務家目線」にこだわった民法(債権法)改正の解説書。「改正のポイント」「解説」「要件事実」の三部構成で、必要に応じた利用が可能。民法(債権法)改正の下における要件事実についても、明確に言及した。

著編者名 小賀野 晶一、松嶋 隆弘
判型・頁数 A5判・並製・496頁
定価 5,000円(税別)
発行年月 2017年8月15日
ISBN 978-4-88260-279-8
ジャンル 法律
送料 340円
在庫状況
備考


←戻る バスケットの中を見る→

主 要 目 次
■第1編 総論
 T 債権法改正の全体像
 U 他の法分野、実務への影響
 V 要件事実に関連して
■第2編 総則
 第1章 意思能力・行為能力
 第2章 法律行為
 第3章 代理/第4章 時効
■第3編 債権総論
 第1章 総則
 第2章 債権者代位権、詐害行為取消権
 第3章 多数当事者間の債権関係
 第4章 債権譲渡
 第5章 債権の消滅
■第4編 契約法
 第1章 契約総論
 第2章 契約各論
■民法改正の変遷
 中国における民法の法典化