労働時間管理Q&A100問
内 容
 労働時間は,賃金と並んで基本的な労働条件であるとともに,ワーク・ライフ・バランスが提唱されるように,生活の在り方にも大きく影響する事項であり,労使ともに関心の高い分野である。また,最近では,未払い残業代請求の労働審判や訴訟も増加しており,長時間労働に起因するとされる脳・心臓疾患,精神疾患の問題も深刻化している。トラブル防止という観点からも,労働時間は重要な分野である。
 本書では,人事・労務管理に関する相談・助言対応をしている弁護士が,様々な労働時間制度の内容や割増賃金等について,規定例なども示しつつ解説した。

著編者名 石井 妙子
判型・頁数 A5判・並製・388頁
定価 4,000円(税別)
発行年月 2014年1月30日
ISBN 978-4-88260-250-7
ジャンル 単行本/行政・労働
送料 340円
在庫状況
備考


←戻る バスケットの中を見る→

主 要 目 次
【第1章】 労働時間の認定
Q1 労働時間とは…他

【第2章】 変形労働時間制
Q23 変形労働時間制における時間外労働…他

【第3章】 フレックスタイム制
Q31 労働時間の貸借制の可否…他

【第4章】 事業場外労働
Q40 労働時間の算定困難とは…他

【第5章】 裁量労働制
Q44 専門業務型裁量労働制の制度概要…他

【第6章】 休憩・休日
Q57 法定休日と所定休日…他

【第7章】 労働時間規制の適用除外(管理監督者等)
Q64 管理監督者性に関する判例…他

【第8章】 特別な配慮が必要な場面
Q70 介護を行う者への対応…他

【第9章】 時間外労働・休日労働・深夜労働と割増賃金
Q74 法内残業と法定外残業…他

【第10章】 労働時間と健康管理
Q98 長時間労働と脳・心臓疾患…他

判例索引…