解雇事例をめぐる弁護士業務ガイド
内 容
労働事件対応に必要な基礎知識から実務上重要な情報までを網羅。若手弁護士には労働事件処理の手引きとして、経営者弁護士にとっては若手の指導者としても活用できる1冊。
オンザジョブトレーニング(OJT)の機会が少ない新人弁護士に向けて、解雇事例を題材として事件処理を解説。労働事件に精通した法律実務のプロとして事件を担当する際の道標となる。
労働案件の実務に役立つとともに、将来の法曹を目指す司法修習生、法科大学院生にとっても、現実の弁護士業務の姿を知る糸口となろう。

著編者名 村林俊行・中田成徳・木下貴博・寺島英輔/編著
判型・頁数 A5判・並製・424頁
定価 4,200円(税別)
発行年月 2013年8月25日
ISBN 978-4-88260-246-0
ジャンル 単行本/労働
送料 340円
在庫状況
備考


←戻る バスケットの中を見る→

主 要 目 次
第T部 実務上の基礎知識
第1章 解雇事件と弁護士業務の基礎知識
1 総 説
2 解雇禁止
3 解雇予告制度による制限
4 解雇権濫用法理
5 懲戒解雇
第2章 解雇後の諸手続

第U部 実務編1
第1章 資料・証拠の収集・調査
1 資料・証拠収集について
2 具体的証拠収集方法
3 一般的な証拠物
4 立証事実に応じた具体的資料の収集
第2章 交 渉
1 交渉の開始
2 書面による交渉
3 面談による交渉
第3章 個別労働紛争解決の裁判外手続

第V部 実務編2
第1章 労働事件における保全手続
1 民事保全手続
2 個別労働紛争解決制度の手続選択の視点
第2章 労働審判
1 労働審判制度
2 具体的な手続
3 異議申立て
第3章 訴訟手続
1 民事訴訟(第一審)
2 民事訴訟(第二審)
3 民事訴訟(第三審)
4 少額訴訟
第4章 民事執行
1 民事執行
2 強制執行
3 担保権の実行
4 仮執行
5 仮処分の執行
6 未払賃金立替払制度
書式集
事項索引