消防設備技術危険物要覧
内 容
 建築設備事業者・管工事業者・消防関係者等のために、実務処理上、読みやすい法規書として編集。
 [法令編]火災その他各種災害による被害の増大に対処するため、大幅に改正強化された消防法を中心に、消防法規を体系的に構成収録する。消防組織法関係、消防法関係、危険物の規制に関する政令関係、建築基準法関係、その他関係法令を、その登載内容とする。
 [通達編]法令の改正・制定等の趣旨及び法令の条文解釈・運用などに重要な役割を果たす通達を、各種設備項目ごとに分類して収録する。

監編者名 綜合設備研究会編
判型・頁数 A5判・全4巻・約6,900頁
定価 40,000円(本体)
ジャンル 加除式図書/設備関係
在庫状況 お問合せ下さい
備考


←戻る バスケットの中を見る→

主 要 目 次
[法令編]

第1編 総規
第2編 消防法関係
 第1 消防法
  第1章 総則
  第2章 火災の予防
  第3章 危険物
   第1節 総則
   第2節 製造所等の許可及び完成検査
   第3節 製造所等の位置、構造及び設備の基準
   第4節 貯蔵及び取扱いの基準
   第5節 運搬及び移送の基準
   第6節 危険物保安監督者、危険物取扱者及び危険物取扱者免状
   第7節 危険物施設保安員
   第8節 予防規程
   第9節 自衛消防組織
   第10節 映写室の基準
   第11節 雑則
  第3章の2 危険物保安技術協会
   第1節 総則
   第2節 設立
   第3節 管理
   第4節 業務
   第5節 財務及び会計
   第6節 監督
   第7節 解散
  第4章 消防の設備等
   第1節 火災の予防
   第2節 消防用設備等
   第3節 消防設備士
  第4章の2 消防の用に供する機械器具等の検定等
   第1節 検定対象機械器具等の検定
   第2節 自主表示対象機械器具等の表示等
   第3節 日本消防検定協会
   第4節 指定検定機関
  第5章 火炎の警戒
  第6章 消火の活動
  第7章 火災の調査
  第7章の2 救急業務
  第8章 雑則
  第9章 罰則
 第2 消防設備等の基準
 第3 消防用機械器具等の技術上の規格
 第4 その他(届出様式等)
第3編 関係法令

[通達編]

第1章 通則
 第1節 防火対象物
 第2節 防炎規制
 第3節 防火管理者
 第4節 共同防火管理/防火安全対策/表示・公表制度
 第5節 消防用設備等
 第6節 消防用機械器具等
 第7節 非常電源
 第8節 その他
第2章 消火設備
 第1節 消火器・消火用具
 第2節 屋内消火栓設備
 第3節 スプリンクラー設備
 第4節 水噴霧消火設備
 第5節 泡消火設備
 第6節 二酸化炭素消火設備
 第7節 ハロゲン化物消火設備
 第8節 粉末消火設備
 第9節 屋外消火栓設備
 第10節 動力消防ポンプ設備
 第11節 その他の消火設備
第3章 警報設備
 第1節 自動火災報知設備/ガス漏れ火災警報設備
 第2節 漏電火災警報器
 第3節 消防機関への火災報知設備
 第4節 非常警報設備及び器具
第4章 避難設備
 第1節 避難器具
 第2節 誘導灯・誘導標識
 第3節 避難施設
第5章 消火活動施設及び消防用水
 第1節 排煙設備
 第2節 連結散水設備
 第3節 連結送水管
 第4節 非常コンセント設備
 第5節 無線通信補助設備
 第6節 消防用水
 第7節 その他
第6章 届出・検査及び点検・報告
 第1節 届出及び検査
 第2節 定期点検及び報告
第7章 消防設備士
 第1節 工事又は整備の範囲
 第2節 免状及び試験
 第3節 講習
 第4節 工事の事前届出
第8章 危険物
 第1節 通則
 第2節 施設の構造・設備等の基準
 第3節 施設の設置・変更等の許可
 第4節 完成検査及び完成検査前検査
 第5節 保安検査
 第6節 定期点検
 第7節 危険物取扱者等
 第8節 運搬及び移送の基準
 第9節 その他

〔参考〕
火災予防条例準則

索引