建築設備技術関係法規要覧
内 容
 建築物に施設される建築設備は、時代の推移に伴い、設計・施工に大きなウエイトを持つに至った。本書は、各種建築設備の技術基準に関する広範多岐にわたる法令の条文を、各設備種目ごとに抄録整理し、設計・施工及び維持管理を中心に体系的に編集したものである。
 錯綜した関係にある設備技術と各法規との相互関連に焦点をあて、膨大な法規の中から、「技術基準」の体系化を図る。関係様式や別表を多数掲載。
 建築設備技術に携わる者の必備の実務法規書。

監編者名 建築設備研究会監修
判型・頁数 A5判・全2巻・約3,700頁
定価 20,000円(本体)
ジャンル 加除式図書/設備関係
在庫状況 お問合せ下さい
備考


←戻る バスケットの中を見る→

主 要 目 次
第1編 用語の定義等
 建築基準法関係用語等/建築物における衛生的環境の確保に関する法律関係用語等/水道法関係用語等/建築物用地下水の採取の規制に関する法律関係用語等/工業用水法関係用語等/下水道法関係用語等/水質汚濁防止法関係用語等/特定水道利水障害の防止のための水道水源水域の水質の保全に関する特別措置法関係用語等/廃棄物の処理及び清掃に関する法律関係用語等/再生資源の利用の促進に関する法律関係用語等/消防法関係用語等/労働基準法及び労働安全衛生法関係用語等/人事院規則10−4(職員の保健及び安全保持)関係用語等/高圧ガス保安法関係用語等/ガス事業法関係用語等/熱供給事業法関係用語等/液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律関係用語等/特定ガス消費機器の設置工事の監督に関する法律関係用語等/環境基本法関係用語等/大気汚染防止法関係用語等/東京都公害防止条例関係用語等/騒音規制法関係用語等/放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律関係用語等/建築士法関係用語等/建設業法関係用語等/その他の関係法規用語等

第2編 設計・施工等の技術基準
 第1章 一般事項
 建築物の設計/建築物に係る熱の損失防止のための措置/建築物の敷地・構造及び建築設備/各種施設の構造設備の一般原則/環境基準/騒音規制/配管設備
 第2章 衛生設備
 衛生器具設備/給水設備/排水設備/給湯設備
 第3章 消火設備
 一般事項/防火対象物等の消火設備/危険物貯蔵所等の消火設備/消防用機械器具等に係る技術上の規格
 第4章 空気調整設備
 ボイラー/温風暖房機及び熱風炉/冷凍機/冷却塔/圧力容器/貯油槽/風道/換気/排煙設備/空気調和/熱供給(地域冷暖房)
 第5章 昇降機設備
 建築基準法による昇降機/労働安全衛生法によるエレベーター
 第6章 ガス設備
 都市ガス/液化石油ガス/各種施設の基準
 第7章 さく井設備
 建築物用地下水/工業用水
 第8章 屎尿浄化槽設備
 一般事項
 第9章 雑設備
 焼却炉/厨房/危険物取扱施設等/火を使用する設備/冷蔵設備/廃棄物処理施設

第3編 工事監理及び申請手続等
 第1章 一般事項
 工事監理等/安全衛生管理/工事現場の危害の防止/酸素欠乏危険作業/再生資源の利用の促進/建設工事等に係る遵守事項(建設・解体・改修工事)
 第2章 各種施設、装置及び設備
 建築物(昇降機、屎尿浄化槽及び防火を含む場合)/建築設備(昇降機、空調等)/廃棄物処理施設/工作物(煙突、高架水槽、昇降機等)/専用水道/給水装置/建築物用地下水及び工業用水/排水設備等/特定事業場の排水/消火設備/ボイラー/ばい煙等/粉じん/危険物の製造所等/冷凍機/圧力容器/騒音/液化石油ガス/特定ガス消費機器/放射性同位元素等/火を使用する設備/占用等の許可

第4編 維持管理
 建築物及び建築設備(昇降機等)/特定建築物/専用水道及び給水装置/建築物用地下水及び工業用水/排水/消防用設備等/ボイラー、ボイラー室及び附属品/ばい煙等/危険物、少量危険物及び指定可燃物/冷凍機/圧力容器/都市ガス/液化石油ガス/一般廃棄物処理施設(し尿処理施設等)/騒音/放射性同位元素等/火を使用する設備/産業廃棄物処理施設/事業活動に伴って生じた廃棄物に対しての事業者の責務

第5編 試験・講習等
 特殊建築物調査資格者、昇降機検査資格者および建築設備検査資格者講習/管工事施工管理技術検定/給水装置工事主任技術者免状/消防設備士免状/危険物取扱者免状/ボイラー技士およびボイラー整備士免許/ボイラー据付工事作業主任者技能講習、ボイラー取扱技能講習、化学設備関係第1種圧力容器取扱作業主任者技能講習及び普通第1種圧力容器取扱作業主任者技能講習/衛生管理者免許/酸素欠乏危険作業主任者技能講習/建築物環境衛生管理技術者免状/高圧ガス製造保安責任者免状/液化石油ガス設備士/ガス消費機器設置工事監督者

参考資料
法令索引